これからのこと

ふがいない院生は空を見た

正月に一泊二日で登山に行ったときの記録

 

1月2日(月) 晴

 

f:id:umiya22:20170117092816j:plain

7:50 三つ峠駅

 

箱根駅伝が始まる新年二日目の朝、僕とKくんは三つ峠駅に降り立っていた。

Kくんはぼくの幼馴染だ。しかし僕とは違い、社会人三年目である。この度、彼の貴重な正月休みに泊まりがけで登山することになった。駅名からお察しかと思うが、登る山は三ッ峠。『ヤマノススメ』で主役級の四人が初めて皆で登った山だ (確か)。そして日本二百名山、山梨百名山にも選ばれている有名な山である。また文学徒として忘れてはならないのは、この山が『富嶽百景』で太宰と井伏鱒二が登った山であるということだろう。

 

f:id:umiya22:20170117094607j:plain

登山口までは三つ峠駅から30分ほど歩く

 

f:id:umiya22:20170117094805j:plain

歩き出してすぐにこの景色

 

f:id:umiya22:20170117094956j:plain

 そろそろ登山口も近い

 

f:id:umiya22:20170117095151j:plain

登山開始。序盤だけ舗装路を行く

 

f:id:umiya22:20170117095334j:plain

序盤、神鈴の滝に行くコースとそうでないコースとの分岐がありますが、すぐに合流するのでどっちを選んでも問題ないです。僕たちはどうせならと滝コースを選んだ。

 

f:id:umiya22:20170117095811j:plain

f:id:umiya22:20170117095936j:plain

股のぞき。上の写真と同じ場所

 

f:id:umiya22:20170117100156j:plain

同じ場所で何枚も撮ってしまう。これ、絵はがきみたいじゃないですか?

 

f:id:umiya22:20170117100421j:plain

八十八大師

 

f:id:umiya22:20170117100606j:plain

水気のあるところはもれなく凍ってました。地面には霜も (だがアイゼンはなしでへいきだった)

 

f:id:umiya22:20170117101048j:plain

三ッ峠山荘付近。ここまで来ると山頂は目の先

 

f:id:umiya22:20170117101245j:plain

南アルプスの山々

 

f:id:umiya22:20170117101558j:plain

11:40 三ッ峠山頂着 海抜1786m

 

この山頂からの眺めが圧巻だった。

 

f:id:umiya22:20170117102150j:plain

 

f:id:umiya22:20170117102324j:plain

 

そして、待ちに待ったお楽しみ。

 

f:id:umiya22:20170117102536j:plain

昼食のホットサンド。

実は今回の登山は、これが最大の目的でした。Kくんが『山と食欲と私』という漫画に触発されてホットサンドメーカーを購入したとのことで、「次の登山ではホットサンド食べよう!」と盛り上がっていたのです。具はベーコンとチーズと卵。ホットサンドメーカーはフライパンにもなるとのことで最初にベーコンを焼き、それからコンビニの卵サラダ (最初からマヨネーズと和えられている) とチーズを挟んで焼いてくれました。

これが泣けるほどうまくて、しかもコーヒーと合って、素晴らしい昼食となりました。山頂にレジャーシート広げてかたやホットサンドを作り、かたやコーヒーを入れるさまはあたかも山ガール。そうか、山ガールはこんな楽しみ方を知っていたのか。僕らももっと山ごはんの可能性を追求していこう。

山と食欲と私 1 (BUNCH COMICS)

山と食欲と私 1 (BUNCH COMICS)

 

 

f:id:umiya22:20170117103539j:plain

13時頃、下山開始。今回はカチカチ山からロープウエイで下山します。

 

f:id:umiya22:20170117103950j:plain

下山開始から約1時間が経過。眼下に望むは河口湖。この日泊まる宿は写真中央右よりの山と山に挟まれた地域にあります。河口湖のノースサイド。

 

f:id:umiya22:20170117104701j:plain

いやあ、にしても景色が素晴らしい。

 

f:id:umiya22:20170117104955j:plain

やはりこうした偉容に出会うと、不二の山なんだなあ、と。(そして富士山は登るよりも眺める方がいいなあ、なんて)

 

f:id:umiya22:20170117105649j:plain

天上山 小御嶽神社付近 ここまで来ればロープウエイも近い

 

f:id:umiya22:20170117110138j:plain

15時半頃 (だったと思う)、カチカチ山ロープウエイに到着。中国人観光客がいっぱい。

 

f:id:umiya22:20170117110607j:plain

ロープウエイで河口湖畔に降りる。降りたところから河口湖駅までは徒歩10分。

 

f:id:umiya22:20170117110812j:plain

河口湖駅

 

時刻は16時頃。河口湖ノースサイドにある宿に行くバスの最終は17時45分。ちなみに宿の近くにはお食事処は皆無。コンビニは20時に閉まるヤマザキだけ。……

 

f:id:umiya22:20170117111239j:plain

致し方あるまい (16時過ぎ頃入店)。

 

f:id:umiya22:20170117111147j:plain

山梨名物、ほうとうを食す。実はほうとうはそこまで好きではないのですが、ここのほうとうは食べやすくておいしかった。

 

食べ終えたらコンビニで酒&つまみ、デザートなど調達し、17時30分のバスへ。

 

f:id:umiya22:20170117112525j:plain

18時過ぎ頃、本日の宿、「民宿鎌倉」に到着。いちばん近くまで行くバス停から15分ほど歩いたのですが、その間東京にいたらお目にかかれない闇の濃さで (星もめちゃめちゃ綺麗だった!)、ああ、旅行に来てるんだなあと思った。

 

a.m. 2:00 就寝 ————————————————————

 

1月3日 (火) 晴

 

f:id:umiya22:20170117113354j:plain

朝、宿を出た僕らはとりあえず温泉へ向かう。

 

f:id:umiya22:20170117113637j:plain

途中、出会った景色。温泉までは湖に沿って歩く。

 

f:id:umiya22:20170117113836j:plain

野天風呂天水。民宿鎌倉からは徒歩で30分ほど。ここは久保田一竹美術館の坂上にあり、美術館の方にバス停があるので時間が合えばバスで来ることも可能です。

 

朝風呂で昨日の登山の疲れを癒やした僕らはバスで河口湖駅のそばまで行き、それからバッティングセンターに立ち寄ったあと、Kくんが前から行ってみたいといっていた「ほうとう小作」に向かいました。食べログで3.58 (1月17日現在) というすごい数字をたたき出しているお店です。有名店だそうです。

 

f:id:umiya22:20170117114723j:plain

駐車場は満車で道路にはずらっと車が列をなし、店内も待っているひとでいっぱい。でも徒歩で行ったのとキャパが広いおかげで15分ほどで席に着くことができました。

 

f:id:umiya22:20170117115032j:plain

名物のほうとう (これは「豚肉ほうとう」) 1400円

 

f:id:umiya22:20170117115251j:plain

と、天ざる (1100円)

 

ほうとうはKくんが注文したもの、天ざるは僕が。

……ほうとうは昨日で「もうええかな」と思っていたので頼んだのですが、いざ天ざるが置かれた途端、まわりの客にどん引きされました。確かに食べログ3.58の名店に来てほうとうを頼まないやつはおかしいんでしょう。でも飽きたんだからしょうがない。Kくんいわく、さすがにめっちゃおいしかったそうです。昨日行った「ほうとう不動」と甲乙つけがたいとのこと。

あ、天ざるもおいしかったです。

 

何時やったか忘れたけど、小作から河口湖駅まで戻ったのち、帰路につきました。

地元でラーメン食って、話したいがために電車には乗らず30分ほど歩いて……。いい正月だったなあ。去年の正月もKくん含めた幼馴染三人組で箱根の金時山に登ったんですが、そしてその正月登山も楽しかったのですが、やはり一泊できるとゆっくりスケジュールを組めるし、登山だけでなく観光まで楽しめる。いや、ほんといい正月だった……。

 

来年もまたやりたいなあ。

 

広告を非表示にする