読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これからのこと

ふがいない大学五年生の記録

『うたかたの音楽会 第2幕』in 早稲田祭2015

音楽 日常

f:id:umiya22:20151108154451j:plain


 今日 (土)、明日 (日) は我が早稲田の学祭です。普段は人混みを厭んで早稲田の学祭なんかには絶対に行かない僕ですが、今回は『うたかたの音楽会 第2幕』に僕の大好きなアーティストsugar meさんが出演されるということで、人混みを掻き分けて行ってきました。


 この『うたかたの音楽会 第2幕』、出演されるのはsugar meさんだけではなく、平賀さち枝さん、南壽あさ子 (なすあさこ) さん、テニスコーツさんの計4組。僕の目当てはsugar meさんでしたが、1番手のsugar meさんが終わったあとも新たな出逢いがあるかもと思って最後まで残りました。そして、出逢いはありました。それについてはあとで書くことにして、まずはsugar meさんの公演について書きたいと思います。


演目

1 Rabbit Hole Waltz
2 Sometimes Lonely
3 1, 2, 3
4 Emily
5 To be Alright
6 ? (未発表曲?)
7 As You Grow


 会場に入るとsugar meさんが後ろで物販をしていて、CD購入者にサインをしていました。僕は既にタワレコですべてのアルバムを買ってしまっていたので持参していた『AROUND the CORNER』を差し出し、図々しくもサインをお願いしました。sugar meさんは快く引き受けてくださり、少しだけお話することもできました。小学生みたいな感想になりますが、超嬉しかったです。


 13:30になるとアコースティックギターを手にsugar meさんが登壇し、『うたかたの音楽会 第2幕』がスタート。(『第1幕』は2年前の早稲田祭2013で行われたそうです
。あの青葉市子さんも出演されたとか)


 個人的に、Sometimes LonleyとEmilyが良かったです。Emilyは元々大好きな曲だったのですが、Sometimes Lonelyは今まではそこまで注目していなかった曲なので、ライブで聴いて「こんなに良い曲だったんだ!」と遅ればせながら気づかされました。ライブでそうした発見を与えてくれたsugar meさんの力量に脱帽です。sugar meさんの声は生で聴いても朝の風みたいに透き通っていました。もちろん歌唱力も抜群で、何もかもがCD以上でした。これからも聴き続けて行きます。


 2番手は今回初めて聴く平賀さち枝さん。
 平賀さんは失礼を承知で言えばどこか田舎っぽい垢抜けなさがあるんだけどそこがまた魅力的でもあって、身近な事柄を自分の言葉で素直に歌い上げているところが良いなと思いました。もしかして演歌に造詣があるのかな? ところどころ「コブシ」みたいなのがあって、特徴的でした。それとなんとなくandymoriを連想させるところがあって、具体的にどこがと聞かれるとわからないのですが、惹かれました。公演後、CD買いました。


 3番手の南壽あさ子さんにはハートを撃ち抜かれました。正直、このライブでいちばんインパクトがあった。なんて言えばいいのか、とにかく「聴き惚れ」たんです。切なくて儚げなんだけど伸びやかで光に溢れているようでもある声で、曲調もポップなんだけどそこらの掃いて捨てるようなポップとは一線を画す独特さがあって、詞も難しい言葉を使っているわけではないのに独自性がある。南壽さんは前出の2組とは違いアコースティックギターではなくピアノで弾き語りをしていたのですが、綺麗な音色と声、それらが生み出す世界観に心地良く溺れているうちにあっという間に公演が終わってしまいました。ほんとに素晴らしかった。もちろんCD買って、お金が無くて買えなかった分はTSUTAYAで借りました。この前sugar meさんの『AROUND the CORNER』を買ったばかりなのに今日また平賀さん、南壽さんとCDを買い求めてしまったので金欠です。やばいです。でも後悔はしていません。


 4番手、テニスコーツさんは正直好みではありませんでした。なのでここでは割愛します (ボーカルはうまかったです)。


 そんな感じで、お目当てのsugar meさんだけでなく、平賀さち枝さん、そして南壽あさ子さんという素晴らしいアーティストに出逢うことができて、今日はほんとうに幸せな1日でした。音楽でも小説でも、真っ直ぐなものに触れるとこちらも頑張ろうって気になりますが、まさにそんなやる気の出る出逢いの連続でした。特にsugar meさん、南壽あさ子さんの音楽には大いに励まされました。僕も引き続き小説家目指して頑張って行こう。


 このような素晴らしい場を用意してくれた4組のアーティスト、運営のROCK STEADY WASEDAさんには感謝感謝です。刺激的な音楽会でした。やっぱ生音最高!


sugar me




平賀さち枝




南壽あさ子