読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これからのこと

ふがいない院生は空を見た

週間箇条書

 この1週間は珍しく忙しくて、なかなかブログを更新することができませんでした。書きたいことが積もりすぎて何から手をつければいいかわからずパニックになっていたのです。そして、いまなおその状態は続いています。なので、ちゃんとした記事を書く前に、とりあえずこの1週間にあった主なことを箇条書にして整理したいと思います。


・介護等体験に行った

 教職課程の関係で5日間、社会福祉施設に介護等体験に行ってきました。
 僕はキビキビとした現場が苦手なのでどうなることかと思っていたんですが、職員の方も利用者の方も親切にしてくれ、ほとんどノンストレスで実習を終えることができました。介護等体験は受け容れ先の施設によって大きく内容が変わってくるとは思いますが、実習を前にして不安になっている方も多いと思うので、少しでもその不安を和らげられるよう、近日中にレポを書きたいと思っています。


・葉山に行った

 どうしても小説が書けなかったので、父の会社が所有している葉山の別荘に行ってアイディアを捻ってきました。前回とある賞に応募した短篇を書き上げたのもその別荘で、そのときはふだんからは信じられないスピードで執筆できたため、今回も一縷の望みを託して葉山に出向いたのですが、ある事情からうまくいきませんでした。そのある事情とは、


・風邪を引いた

 風邪を引いたことです。風邪を引いたのは実に二年ぶりでした。葉山に行く日の朝から喉が痛みだし、別荘に到着すると体が怠くなって寒気がし始めました。「これはダメだ」ということで、しかたなく自宅にUターンしたわけです。


・母校 (高校) の文化祭があった

 行きませんでした。だって風邪だもん。ちなみに文化祭の存在は幼なじみのSさんが誘ってくれるまで知りませんでした。彼女の元には学校からの案内が届いたそうです。
 僕には届きませんでした。



 介護等体験が終わってからのこの土日、なぜかふだん暇人な僕に幼なじみのKくんであったり大学の友達からであったりとたくさんのお誘いをいただいたんですが、そういうときに限って二年ぶりの風邪を引いていました。怒ったので、明日は病み上がりの体をおして登山に行ってきます。更新がなければ、僕は死んだとは思わずにただ単に疲れているだけなので安心してください。無理はせず、安全第一で行ってきます。
 登山レポもお楽しみに。

広告を非表示にする